2020-08-26から1日間の記事一覧

戦国時代の遠距離通信手段

コンバンワ、経塚丸雄です。 手旗信号とか旗旒(きりゅう)信号とかは、日本では発達しなかったようですね。 狼煙を上げるとか、法螺貝を吹くとか、太鼓を敲く、鏑矢を射る、矢文を射るとかで遠距離間の意思疎通をはかっていたようです。 「三河雑兵心得シリ…