冬の野良猫の現実

コンバンワ、経塚丸雄です。

 f:id:maruosan523:20210121100547j:plain

 先日、明け方に仕事部屋におりましたら、

誰かの視線を感じたんですね。

顔を上げると――猫。 多分ノラ猫。

二本足で立ち上がり、

サッシの窓から屋内を覗き込んでいた。

両目が怪しく光り、

ちょっとだけ、ゾッとしました。

手を振ると逃げましたが、気になって

アレクサに気温を訊ねました。

すると…戸外は摂氏0度の由…さむ~。

 「寒いから入れてくれ~」

と、言ってたのかも知れませんね。

クピレイは猫嫌いだし、

ノラはどんな病気持ってるか分かりません。

安易に招き入れる分けにはいきませんしね…。

 

猫たちの厳しい現実を垣間見た冬の朝。  

 

それではまた、明晩19時に! 

 

いよいよ新作刊行!

  三河雑兵心得シリーズの第四巻です。ご購入はこちらから!

books.rakuten.co.jp

 

プロスポーツファンに喧嘩を売ってみた

コンバンワ、経塚丸雄です。

 

f:id:maruosan523:20210121100503j:plain

野球ファンとかサッカーファンは熱いです!

熱いのはいいが、シャレが通じないのは困る。

からかったり、ふざけたりすると激高する。

 「怒るなよ…所詮はお遊びでしょうが?」

なぞと混ぜっ返そうものなら

 「命、懸けてんだよ!真剣なんだよ!」

と、マジ喧嘩になる。

 

でもさ。

 

命懸けなのは選手であって…アンタじゃない。

   

それではまた、明晩19時に! 

 

いよいよ新作刊行!

  三河雑兵心得シリーズの第四巻です。ご購入はこちらから!

books.rakuten.co.jp

 

飼主の覚悟…いやいや、その前に蹴るなよ!

コンバンワ、経塚丸雄です。

 

f:id:maruosan523:20210118133107j:plain

 ホント「蹴るなよ」「踏むなよ」の世界です。

  ただ、小型犬の場合、

足元に潜りこまれると…つい、事故ってしまう。

 

叱られたとか、怒られたんじゃない

と知っているので、

彼女らは逃げないのだと思います。

むしろ近寄って、足に体をすり寄せてくる。

 

「作業中のオトーさんは危険」

「作業中のオト―さんからは離れていよう」

との認識を早く持って欲しいものです。

ま、十年繰り返してることで、今さら無理か?

 

かくて、あほ作家は明日も愛犬を蹴り、踏み、

罪悪感に苛まれて、

ペコペコと謝罪を繰り返すのでありました。

 

それではまた、明晩19時に! 

 

いよいよ新作刊行!

  三河雑兵心得シリーズの第四巻です。ご購入はこちらから!

books.rakuten.co.jp

 

温風ヒーターの上流・下流

コンバンワ、経塚丸雄です。

 

f:id:maruosan523:20210118001314j:plain

本日も「ぬるいでき映え」…自分で凹みます。 

 

実は「三河雑兵心得シリーズ」第六巻の

執筆で「頭が一杯」なのです。

考えが渋滞しております。

 

この仕事、長くやっておりますので、

無理に誤魔化して書くことも可能です。

でも結局、自分で納得できず

頭から書き直すことになるんですよね。

 

三河雑兵シリーズの重版が決まったことで

「妥協はできない」との使命感も沸いてます。

ま、ウジウジ悩んでナンボの仕事ですからね。

ここ数日が正念場となりそうです。

  

それではまた、明晩19時に! 

 

いよいよ新作刊行!

  三河雑兵心得シリーズの第四巻です。ご購入はこちらから!

books.rakuten.co.jp